2008年6月25日

収差の補正


GX200では既にR8に搭載されたと思われる歪曲収差のデジタル補正機能が付く。R8と異なるのは撮影者の意思で補正を切ることができる点にある。真っ直ぐなものが真っ直ぐに写るのは確かに気持ちがいい。でももし、あらゆる収差が完璧に補正されたレンズができたとしたら、それはまるで蒸留水を飲むような味気無いものになると思う。

4 件のコメント:

カルロスゴン さんのコメント...

収差についてはかなり無頓着な人間です。
こんなもんかなーなんて(笑)。

sa55t さんのコメント...

歪曲収差のソフト補正?
それは良い感じ。実はP5100を検討したものそこの所。
200はこれでGRD2に近づいた感じ。
しかしこの歪曲収差は寄りで楽しんでいる自分もいます(笑)

Hoppyman さんのコメント...

>カルロスゴンさん、
私もどちらかというと無頓着です。
収差も味のうちで楽しんじゃうのが宜しいかと(笑)

Hoppyman さんのコメント...

>sa55tさん、
R8と違って補正を切れるのがいいですね。
このあたりにRICOHの拘りを感じます(笑)