2008年3月11日

反省


昨日は嬉しいコメントを頂戴した。そして、反省した。新製品にばかり目移りしないで、今ある機材をもっと大切に使ってあげないといけない。物欲はしばらくお預けだ。まぁ、先立つ物も無い訳ではあるが・・・


とても柔らかく綺麗な色だと思う。やはり、マクロは秀逸だ。


一気押しのタイムラグもご覧の通り。まだまだ現役でばりばり使えるカメラである。

2 件のコメント:

ken さんのコメント...

Hoppymanさん、こんばんは。

本日休みで天気も良かったので、R5Jの初撮りに京都へ出かけてきました。
使用感、画像もとても満足です。

これまでコンデジはパナソニックの3倍ズーム機が1台だけでしたが、28ミリと200ミリまでのズーム搭載機が、本当に安くで手に入れられて、嬉しい限りです。

型落ちになったR5Jは今となっては人気がないようですが、このカメラには自分で設定を考えながら撮る楽しみ・・・があるような気がします。昔のマニュアルカメラで露出を操るような、そんな感覚に似ていますね。

室内やノイズ感は弱点かもしれませんが、このカメラの長所を生かして、できる限り長く使って行きたいと思います(^^)

HoppymanさんのR5で撮られた写真、本当に素敵だと思います。きっといろいろと工夫されながら撮っているんだろうなぁ、と思われる写真も多いですね・・・私も早く使いこなせるように頑張ります。

Hoppyman さんのコメント...

>kenさん、
連日の嬉しいコメントありがとうございます。

RICOHのデジカメは操作性もよく練られていますし、画質も変な強調感の無い自然さがとても気に入っています。
特にR5は28-200mm相当のズームと、マクロの秀逸さで常に鞄の中に入っています。

ご指摘の通り、使いこなし甲斐のあるカメラです。最近はカメラの欠点ばかり重箱の隅を突くように指摘する向きがやたら増えたように思います。昔はカメラの欠点を経験でカバーして使うことは当たり前のことでした。それが即ち使いこなすということでした。これも時代の流れなのでしょうが、どうも釈然としませんね(笑)