2008年8月5日

酔芙蓉

薬師の泉にて

今日発表されたマイクロフォーサーズシステムはなかなか面白い。フランジバックは現行のフォーサーズの1/2、ということはミラーボックスは設置不可能なので一眼レフは有り得ない。レンズ交換可能なレンジファインダー機かコンデジとなるだろう。どんなカメラ&レンズが出てくるか今から楽しみだ。

7 件のコメント:

突風丸 さんのコメント...

直立する左右の草が、フレームみたいで面白いです。

カルロスゴン さんのコメント...

私もマイクロフォーサーズの記事を見ました。レンズ交換式コンデジの時代ですね。つーか、コンデジの撮像素子が大型化の流れ?
GもMもアダプタを介して付くのでしょうか?(付けばいいというものでもないでしょうけどネ・・・。)

Hoppyman さんのコメント...

>突風丸さん、
はい、左右の草が面白かったので入れてみました。

Hoppyman さんのコメント...

>カルロスゴンさん、
前々からフォーサーズの受光素子を使ってコンデジを作ったら面白いだろうなと思っていました。理屈の上ではAPS-CのDP1より小さく作れる筈ですよね(笑)

Hoppyman さんのコメント...

現在、コメント機能の具合が悪いようです・・・

Hoppyman さんのコメント...

現在、コメント機能が不調です。

Hoppyman さんのコメント...

現在、コメント機能が不調です。