2008年1月30日

寂寥の街


立石は私のような大衆酒場好きにとっては正に聖地だ。東京の西側で育った私には京成沿線の下町は憧れでもある。


後ろ髪引かれる思いで立石を後にする。再開発が避けられないのであれば、その前に足繁く通うしかない。記録としても本当は酒場写真が一番撮りたいのだが、やはり呑んべは呑み優先。どうしても写真は二の次になってしまう(苦笑)

2 件のコメント:

casta6c さんのコメント...

落ち着きますよね。なぜか下町は。
“人間がいる”って感じです。(笑)

Hoppyman さんのコメント...

>casta6cさん、
同僚が立石を気に入って、なんと引っ越してしまいました。彼、下戸なんですが・・・(爆)