2009年1月11日

コマ劇前にて

6 件のコメント:

とっぷくぷ さんのコメント...

こんばんは。
コマ劇場なくなってしまうんですよね。
歌声も歓声も想い出の破片になって、何処かにうち捨てられてしまうのでしょうか?
ちなみにタクシー時代この近くで乗り逃げされた事も、今や想い出です。

Hoppyman さんのコメント...

>とっぷくぷさん、
ご覧のように白いフェンスで囲まれていました。
コマ劇には入ったことはありませんでしたが、コマ東宝や新宿プラザにはお世話になりました。

マフィンマン さんのコメント...

お早うございます。
新宿コマって、いまだに再開発の計画が具体的になっていないそうですね。
先日、歌舞伎帰朝を舞台に写真を撮っている韓国人写真家のことを知りました。
コマの前で野宿していた父娘がおり、娘(4歳!)の写真を見ました。
父娘野宿の事実も衝撃でしたが、それを切り取る写真家の「眼力」と「勇気」と「努力」に感動しました。
写真は芸術であるとともにジャーナリズムですよね。
プロはやっぱりスゴいなあ、と思ったものです。

Hoppyman さんのコメント...

>マフィンマンさん、
それではしばらくはこのまま放置でしょうか・・?>コマ劇
昨日は歌舞伎町から新大久保を抜けて歩いて帰ったのですが、オフィスの軒下で野宿をしているホームレスを何人も見掛けました。急激な景気の悪化は弱者に容赦なく襲い掛かっています。

yohi さんのコメント...

コマ劇場といえば歌舞伎町の象徴みたいなものなのかな。
池袋でいう文芸座みたいな物かも。
私にとっては。

最近新宿はご無沙汰で行ってないのですが、あのカオスで明暗の差が激しい町(表通りを外れると怪しくて危ない、昼間と夜では雰囲気が違うという意味。)は今でも健在のでしょうか?

Hoppyman さんのコメント...

>yohiさん、
そうですね、確かに歌舞伎町の象徴でしたね・・・
コントラストの激しさは今でも健在ですよ。
不況で人通りは減っているかとは思いますが・・・